定款

第1章 総則


(名称)

第1条 この法人は、一般社団法人EBECと称し、英文ではEnergy Blockchain

    Enterprise Coalitionと表記する。


(事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を東京都港区に置く。


(目的)

第3条 この法人は、ブロックチェーン技術の電力取引における活用を推進し、産学官の連携強化に取り組むとともに、電力並びにエネルギー領域での技術啓蒙や事業創出に貢献することを目的とする。​


(事業)

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)ブロックチェーンに関する情報の収集・発信​

(2)ブロックチェーン開発企業、学術研究機関、政府、自治体等と、エネルギー事業実施企業との連携促進及び各種共同事業の創出

(3) (2)によって創出された各種事業にかかる実施支援

(4)ワーキンググループの結成と運営

(5)前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な事 

  業


(公告の方法)

第5条 この法人の公告は、電子公告により行う。ただし、事故その他やむ得ない事由によって電子公告による公告をすることができない場合は、官報に掲載する方法により行う。


第2章 会員


(会員の構成)

第6条 この法人の会員は、正会員、一般会員、サポート会員とし、正会員をもって、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。

2 正会員は、この法人の目的に賛同して入社した者で、設立時においては本定款第33条に定める法人とし、設立後は一般会員の中から社員総会の決議により指名された法人又は団体とする。なお、設立後に社員の地位を取得した法人又は団体は、一般会員としての地位を継続するものとする。

3 一般会員は、この法人の目的に賛同し、エネルギー事業においてブロックチ

ェーン技術の活用を検討している法人及び団体とし、会則に定める活動を行

う。

4 サポート会員は、ブロックチェーン技術の研究開発を行う法人及び団体、又

は代表理事が、この法人の活動に特別に寄与すると認めた団体、企業、有職

者、行政機関、公的機関等とし、会則に定める活動に参加する。


(入会)

第7条 この法人の会員になろうとするものは、別途定める入会申込書を代表理事に提出し、社員総会の承認を得なければならない。

2 会員は、法人又は団体の代表者としてこの法人に対してその権利を行使する

1人の者を定め、代表理事に届け出なければならない。

3 会員は、前項の代表者を変更した場合は、速やかに別途定める変更届を代表

理事に提出しなければならない。代表者の変更は、代表理事が変更届を受理

した時点で有効となる。


(会費)

第8条 会員のうち、一般会員は、以下の年会費を納入しなければならない。一般会員がその資格を喪失しても、既に納入した会費その他の拠出金品は返還しない。

一般会員     金200万円

2 一般会員が本定款の規定によりその資格を喪失したときは、前項の会費納入義務を免れる。ただし、その資格を喪失した時点において未履行の義務は、これを免れることができない。



(退会)

第9条 会員は、別途定める退会届を代表理事に提出することによりいつでも退会することができる。

2 会員が次の各号のいずれかに該当するときは、その資格を喪失する。

(1)法人又は団体が解散し、又は破産したとき。ただし、合併又は会社分割により一般承継がなされる場合を除く。

(2)退社したとき。

(3)会費を納入せず、督促後なお会費を3ヶ月以上納入しないとき。

(4)総社員の同意があったとき。

(5)除名されたとき。


(除名)

第10条 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、社員総会の特別決議によりその会員を除名することができる。この場合は、除名した会員にその旨を通知することを要する。

(1)法令又はこの定款及びこの定款の規定に従い定める会則に違反したとき。

(2)この法人の名誉を毀損し、又はこの法人の目的に反する行為をしたとき。

(3)その他除名すべき正当な事由があるとき。



第3章 社員総会


(構成)

第11条 社員総会は、すべての社員をもって構成する。


(権限)

第12条 社員総会は、次の事項について決議する。

(1)社員の指名

(2)会員の除名

(3)理事、名誉会長及び顧問の選任又は解任

(4)計算書類等の承認

(5)定款の変更

(6)解散

(7)その他社員総会で決議するものとして法令又はこの定款で定められた事

   項


(開催)

第13条 この法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会は、毎事業年度の終了後3か月以内に開催し、臨時社員総会は、必要に応じて開催する。


(議長)

第14条 社員総会の議長は、代表理事又は代表理事が指名する社員がこれにあたる。


(議決権)

第15条 社員総会における議決権は、社員1名につき1個とする。


(決議)

第16条 社員総会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した当該社員の議決権の過半数をもって行う。


(代理)

第17条 社員総会に出席できない社員は、他の社員を代理人として議決権の行使を委任することができる。


(決議・報告の省略)

第18条 代表理事又は代表理事が指名する社員が、社員総会の目的である事項について提案をした場合において、その提案について、社員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の社員総会の決議があったものとみなす。



第4章 役員


(役員の設置)

第19条 この法人に、次の役員を置く。

(1)理事1名以上

2 理事のうち、1名を代表理事とする。


(役員の選任)

第20条 理事は、社員総会の決議によって選任し、理事の中から社員総会の決議によ

って、代表理事を定める。


(理事の職務及び権限)

第21条 理事は、法令及びこの定款の定めるところにより、職務を執行する。

2 代表理事は、法令及びこの定款の定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行する。


(役員の任期)

第22条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとする。


(役員の解任)

第23条 理事は、社員総会の決議によって解任することができる。


(報酬等)

第24条 役員は、無報酬とする。ただし、社員総会の決議により報酬を支給することを妨げない。


(名誉会長及び顧問の設置)

第25条 この法人に、名誉会長及び顧問を設置することができる。

2 名誉会長及び顧問は、社員総会の決議により選任される。

3 名誉会長及び顧問は、この法人の業務の執行に関し必要な助言を与えることができる。

4 名誉会長及び顧問は、代表理事が招聘した時に社員総会へ出席し、諮問又は意見を述べることができる。ただし、議決には加わらないものとする。

5 会長及び相談役の任期は、社員総会の決議により定める。

6 その他会長及び相談役に関する事項は、必要に応じて社員総会により別途定める。



第5章 資産及び会計


(事業年度)

第26条 この法人の事業年度は、毎年7月1日に始まり翌年6月30日に終わる。


(事業報告及び決算)

第27条 この法人の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、代表理事が次の書類を作成し、定時社員総会に提出し、第1号の書類についてはその内容を報告し、第2号乃至第4号の書類については承認を受けなければならない。

(1)事業報告

(2)貸借対照表

(3)損益計算書

(4)附属明細書

2 前項第1号乃至第4号の書類のほか、定款及び社員名簿を主たる事務所に備

え置くものとする。



第6章 定款の変更及び解散


(定款の変更)

第28条 この定款は、社員総会の決議によって変更することができる。


(解散)

第29条 この法人は、社員総会の決議その他法令で定められた事由により解散する。



第7章 事務局


(事務局)

第30条 この法人に、事務を処理するため、事務局を置く。

2 事務局長及び職員の選任及び解任は、社員総会の承認を得て代表理事が行う。

3 事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、社員総会の決議により別に定める。



第8章 附則


(最初の事業年度)

第31条 この法人の最初

の事業年度は、この法人の成立の日から令和2年6月30日までとする。


(設立時役員)

第32条 この法人の設立時代表理事は、以下のとおりとする。


設立時代表理事  坂越 健一



(設立時社員の名称及び住所)

第33条 この法人の設立時社員の名称及び住所は、以下のとおりとする。

名称

住所

elDesign株式会社

東京都港区白金一丁目27番6号

リニューアブルトレード株式会社

東京都港区白金一丁目27番6号


(会則)

第34条 この定款の実施その他この法人の運営に関して必要な事項は、社員総会の決議により会則に別途定める。


(定款に定めのない事項)

第35条 この定款に定めのない事項については、すべて一般法人法その他の法令の定めるところによる。

 

©2020 EBEC